【体験レポ】千葉県 草ぶえの丘の平日混在状況・施設紹介




2021年9月22日にシルバーウィークを利用して千葉県草ぶえの丘に遊びに行ってきました。今回は草ぶえの丘の体験レビュー記事です。

9月も終わりに近づいているのにピーカン照りで激熱な日でした。

草ぶえの丘は子どもが楽しめる遊具たたくさんあるので、息子たちが熱射病にならないか心配でしたが無限の体力で余裕で遊びまくってましたねw

お昼前に草ぶえの丘に到着したので全部の施設は周れませんでしたが、3歳と1歳の息子を連れて行った体験レポートを紹介しますので、草ぶえの丘にお出かけしたいママパパの参考になれば嬉しいです。

 

千葉県 草ぶえの丘の営業時間・アクセス方法

開園時間:午前9時~午後5時(最終入園は、午後4時まで)
休園日:年末年始(12月29日~1月1日)
      11月1日~3月19日までの月曜日(月曜日が祝日の場合、その翌日)
TEL:043-485-7821 / FAX:043-486-1854

公式HPリンク

草ぶえの丘はバラ園やアスレチック、ブランコなどの遊具、ヤギやウサギなどいる施設で千葉県民には割と有名みたいです。

草ぶえの丘の目玉はなんといっても施設内を10分弱掛けて周るミニ鉄道です。

千葉県内にはミニ鉄道が走ってる施設は4箇所しかありません。ミニ鉄道は子供に大人気な遊具なので、ぜひお子さんを連れて遊びに行ってあげてください。

 

 

草ぶえの丘の駐車場は無料

今回、我が家は草ぶえの丘まで車で行きました。シルバーウィークの真っ只中でしたが、平日だからなのか駐車場は混んでなく普通に停めれました。

しかも駐車料金は無料なのでサイフに優しい施設で助かります。

駐車場から草ぶえの丘の入り口を見たところ

 

ちなみに、草ぶえの丘には最寄りの京成佐倉駅からコミニティバスが通っているので、電車で遊びに行く人は時刻表を要チェックして下さい。

内郷ルートの草ずえの丘です。

 

入園料金は格安の大人410円

入園料は以下の通り

  未就学児 小人
(小・中学生)
大人
(高校生以上)
個人 無料 100円 410円
団体 無料 70円 290円
年間パスポート 500円 2,000円

 

大人は驚きの500円を切っているのでワンコイン以下です。

年間パスポートもあり2000円なので5回以上いくなら年間パスポートを購入するのがお得ですね。

草ぶえの丘はアスレチックがたくさんあるのでお子さんがいる家庭なら、年間パスポートも買って損はしない感じですね。

あと、入場券を購入するところでチーパスを見せるとヤギの餌(キャベツ)が無料でもらえます。お得なのでチーパス持ってる人は提示しちゃいましょう!

 

 

シルバーウィーク中の平日の混み具合状況

我が家が草ぶえの丘に行ったのが9/22水曜の平日でした。

シルバーウィーク中ですが平日だったので、全然混んでなくて快適に過ごすことができました。

週末の土日や夏休みシーズンになると混雑が予想できますが、やはり狙い目は平日に行くことですね。

 

 

草ぶえの丘の施設紹介

引用:草ぶえの丘

公式HPに載っている施設は以下です。

  • ミニ鉄道
  • キャンプ場
  • 森のアスレチック
  • ターザン渡り
  • わんぱく山
  • ログハウス
  • 森の動物たち
  • ふれあい動物園
  • バラ園
  • 研修センター・事務室
  • 農園食堂「りいど」
  • ローズテラス
  • 券売所・直売所
  • 実習館
  • 陶芸舎
  • 昔の民家
  • 体育館
  • 冒険とりで
  • シェアハウス
  • 地下鉄車両
  • 旧増田家住宅
  • みのりの里
  • 芝生ひろば

草ぶえの丘の公式HPにはいろんな施設が紹介されています。

今回、時間の都合もあり回ってきた施設や遊具は赤字のところになります。

 

 

芝生ひろば

草ぶえの丘に入園して、ミニ鉄道を目指してまっすぐ進んで、ミニ鉄道の手前にあるのが芝生ひろばです。

芝生ひろばではミニ鉄道を待ってる親子ずれが遊具で遊んだり、テーブルでランチを食べたりマッタリする感じの場所ですね。

今回、我が家も芝生ひろばで一番時間を過ごしてました。

平日だったので遊具も全然混んでいなくて、3組くらいの親子連れがいるくらいでした。息子と同年代くらいのでお友達がいたので息子は一緒にエンドレスで滑り台を滑ってましたw

 

遊具はこんな感じ

 

 

奥に見えるのがブランコです。

 

 

 

遊具で遊んでいるとミニ鉄道の出発時間が近づいてきたアナウンスが掛かりました。

激込みならアナウンス前にミニ鉄道の入り口付近で事前に並んでおく必要はあると思いますが、今回はアナウンスが掛かってからミニ鉄道の入り口に行っても余裕でミニ鉄道乗れました。

 

 

ミニ鉄道

草ぶえの丘の目玉施設と勝手に思っているのがミニ鉄道です。

ミニ鉄道は小さなSL機関車を先頭にまたがってのる小さな電車の遊具です。

 

一周4~5分のコースでキャンプ場、アスレチック施設や動物がいる施設の周りを内周と外周で2周します。なので、一回乗ると10分弱乗ることになります。

ミニ鉄道の出発前に係の人が鉄道について紹介をしてくれるんですが、昔は先頭はトーマスの電車だったそうです。

でも、著作権の関係でトーマスの顔は外してるそうです… なんかほのぼのとしてる感じなのにいきなりオトナな話でウケますww

あと、ミニ鉄道は千葉県内に4箇所しかないそうで、その1つが草ぶえの丘になります。残りの3か所はネットで調べると、以下のところにありました。

  • ロマンの森共和国
  • 千葉こどもの国キッズダム
  • 千葉県立蓮沼海浜公園 こどものひろば

草ぶえの丘以外のミニ鉄道も気になりますね。

 

ミニ鉄道は有料で走る時間も決まっているので、事前に乗車券を買って、芝生ひろばで遊んで待つのがいいと思います。

今回、我が家もそうしましたし、何組かの親子も同じ感じでしたね。

ミニって付くので子供が楽しむやつかと思いきや、思ったよりスピードが出るし、座ってるので目線が低く疾走感があるし、森の中を回るので涼しい風にあたり大人もしっかり楽しめる電車でした!

ミニ鉄道は面白いです!

 

 

ミニ鉄道の料金と出発時間

ミニ鉄道は入り口近くの券売機で購入します。

 

 

乗車券の料金

種類 料金
乗車券1枚 320円
乗車券2枚 640円
乗車券3枚 960円
乗車券4枚 1,280円
乗車券5枚 1,600円
乗車券6枚 1,920円
乗車券7枚 2,240円
乗車券10枚 3,200円

 

 

運行予定時刻表

午前 11:00
午後 13:20
14:00
15:00
16:00

 

料金は3歳以上が320円です。なので、3歳未満のお子さんは無料なのでぜひ草ぶえの丘に連れて行ってあげましょう。ミニ鉄道にまたがって乗ることができる3歳未満のお子さんは無料で乗せることができるのでお得です。

 

 

キャンプ場

ミニ鉄道のすぐ近くにあるのがキャンプ場です。

寝泊まりできるロッジ?!みたいな小屋があったり、バーベキューできそうな場所もありました。

利用は20名以上の団大客のみの予約制みたいなので、親子連れで利用する機会はなさそうです。

 

 

森のアスレチック

ミニ鉄道でぐるっと施設を回ってるときにわかるんですがアスレチックがたくさんあります。

今回、息子が小さくて遠目でみるだけでしたが、小学生くらいまで遊べるアスレチックがたくさんありましたね。

 

 

 

写真はないですが、ターザンができるやつもあるのでぼくがやりたかったですw

 

 

ふれあい動物園

うさぎとポニーがいるふれあい動物園ってのもありました。

動物がいるのは日曜と祝日のみだったみたいで、残念ながらうさぎとポニーには会えませんでした。

 

ふれあい動物園の料金

動物 料金
ボニー乗馬(2周) 300円
うさぎ・ひこよ(20分) 200円(付き添い100円)

 

日曜と祝日だったらポニーに乗馬できるみたいなので次回は息子たちに乗馬させたいですね。

 

 

 

森のどうぶつたち

一時、ニュースで話題になった崖の上のヤギで有名なポニョに会えます。

入園時にもらったヤギの餌のキャベツをあげてみました。

息子はわりかしビビらずにキャベツをあげることができましたので、いい経験になりましたね。

 

 

ヤギたちはそれぞれ名前が付いています。もちろんポニョもいます。

 

 

バラ園

息子が暑さでバテ気味だったのでバラ園はすこし回った程度です。

バラの季節じゃないので一面バラが咲いてるわけじゃないんですが、大自然の景色が担当できましたので息子も満足でしたね。

バラの季節は5~6月みたいなのでバラ園目当ての人は春先くらいが狙いめです。

 

 

 

9月の日差しがきつい日だったんですが、ミニ鉄道前の芝部のひろばで息子がずっと遊んでいたのでアスレチックはほとんどまわれませんでした。

アスレチックもたくさんあるので次回はアスレチックにチャレンジさせてみたいですね。

 

草ぶえの丘の平日混在状況と施設紹介でした!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です