アイリスオーヤマのサーキュレーターアイPCF-SC15Tを使ってみた感想。静音性が高くいので就寝中の熱射病対策として小さいお子さんがいる家庭の必須アイテムですよ!

アイリスオーヤマサーキュレータアイ




最近の夏場の気温は35度越えとか異常な暑さが普通になってきましたね。
 
ぼくは熱がり体質なので夏場の日中は外出をさけてエアコンの効いた自宅のリビングでのんびりすごすことが多いです。
 
夜寝るときも熱射病を防ぐためエアコンは付けっ放しにしています。(我が家では息子もみんなリビングで寝ています。)熱射病って実は野外より室内で起こることがおおいです。特に就寝中は暑さで脱水状態になりやすいためエアコンはかかせません。
 
普段、エアコンを使っていて気になったんですが、いざ寝ようと横になってみると床に近いところは寒くて、立ち上がったくらいの高さのところは熱く、温度にバラツキがあるんですよね。
 
しかも床に近いほどエアコンからの冷気が流れくるのでより寒く感じてしまい、部屋全体がちょうどよい室温にならず寒すぎたり暑かったりストレスを感じることがありました。
 
あと、エアコンを使っていて部屋の一部だけ極端に冷えたり、全然冷えてない場所があったり室温にムラがある経験がありませんか?
 
自宅では就寝中もストレスなく涼しくすごしたいので、ホームセンターで売っていた4000円くらいのアイリスオーヤマ製のサーキュレーターPCF-HD15を使って部屋の空気を循環させるようにしていました。

ただ、安価モデルのサーキュレーターなので稼働音がウルサイのが不満でした(笑)
 
息子はまだ夜泣きがおさまらないので静かなサーキュレーターのほうがいいと思い、就寝中も付けっぱなしにしてガンガン使える静かなサーキュレーターが欲しくなりいろいろ調べてみました。
 
調べてみると静音性が高いサーキュレーターが販売されているんですよね。稼働音以外は不満がなかったので早速、アイリスオーヤマ製のサーキュレータアイPCF-SC15Tを買ってきました!
 
アイリスオーヤマサーキュレータアイ
 
今回はサーキュレータアイ PCF-SC15Tを使ってみた感想とさらに上位機種の紹介をまとめましたので購入の参考にしてみてくださいね。
 
本記事のポイント
  • エアコンや扇風機と比べて季節家電としてはマイナー感があるサーキュレーターですが、特に小さなお子さんがいる家庭では熱中症対策としてエアコンとサーキュレーターのダブル使いはかなりオススメです。
  • 小さなお子さんがいるご家庭の人、10畳以上の広い部屋でエアコンの効きがいまいちだと感じでいる人は特に見てほしい内容になっています。
 
今回サーキュレータを使ってみてわかったことは、エアコンと併用して使うと冷房効率がパワーアップして部屋の温度が均一になりました。夏のサブ家電としてマストバイなやつでしたね。
 

サーキュレーターってなに?

エアコンや扇風機と比べるとマイナー家電のサーキュレーター。
そもそもサーキュレーターとはなんなのか?
 
よくわからない人に簡単に紹介すると、サーキュレーターは、
 
「部屋の空気を混ぜることに特化した家電」
 
です。
 
なぜ『混ぜる』のかというと、空気の特徴で冷たい空気は下に、暖かい空気は上に溜まるの性質があるため、冷たい空気と温かい空気を混ぜて均一の温度にしたり、一箇所に冷気がたまる『冷気だまり』の解消するためなんです。
 
ぼくがサーキュレーターを使う前に感じていたストレスは室温のバラつきは冷気と暖気の温度差のムラや冷気だまりだったんですね。
 
 
 
 

サーキュレーターいる?扇風機でいいじゃないか!

空気を混ぜるなら持っている扇風機でいいんじゃないかと思ったあなた!
 
ぼくもそう思いました(笑)扇風機があるからサーキュレーターなんて新しい家電はいらないよっと。扇風機で代用すればいいんだよって。
 
ただ、扇風機だとうまくいかないんですよね・・・。
 
部屋の下に溜まった冷気を効率よく混ぜるためにはなるべく床に近い低い場所で風を循環さえる必要がありますが、扇風機は構造的に首が長いので冷気が滞留している層より高い位置で空気を循環させることになるんですね。
 
結局、扇風機は人間に風を送るようにできている家電なんですよ。
 
あと、最近のエアコンはサーキュレーター機能がついてたり、室温の自動判別機能で温かい場所にスポット的に冷気を送る機能があります(我が家のダイキンのエアコンに機能あります)。
 
そんなエアコンの機能でいいんじゃないかと思ってしまいますけど、エアコンのパワーで部屋全体を冷やすのはけっこう電気代がかかります。
 
それにエアコンの冷気を部屋中に送風するためには風向をスイングさせる必要がありますが、そうすると直接カラダに冷気を浴びてしまい寒すぎて具合が悪くなるんです。
 
特に小さな子どもや女性はエアコンの直風には要注意ですよね。
 
エアコンはスウィングさせずに人がいない方向にむけて冷気を送り、サーキュレーターで空気を混ぜるように使っています。
 
エアコンの冷気を部屋中に循環させたり、冷気を壁に当てて間接風を発生させることができるのがサーキュレーターの役目なんですよね。
 

扇風機がぜんぜん意味がないわけじゃないです。サーキュレーターに比べて効率が悪いだけで、代用することはぜんぜん有りですよ!

 

サーキュレーターを選ぶポイント

調べてみるとサーキュレーターはいろんなメーカーから販売されているんですよね。家電メーカのダイキンや加湿器でヒットした無印良品まで。
 
各社からいろんなのがリリースされていますが、ぼくがサーキュレーターを選ぶときに重視したポイントは3つです。
 
  • 静音性
  • 上下首振り機能
  • 重さ
 
3つの中でも特に重視したのが静音性なんです。
 
我が家ではもうすぐ1歳になる息子とリビングで寝ています。
 
冒頭でも書きましたが夏の暑さによる熱射病を防ぐために、就寝中もエアコンとサーキュレーターも付けっぱなしにしてガンガン稼働させます。
 
ぼくは音に敏感なので稼働音がうるさいと熟睡できないのと、息子も稼働音で夜泣きの原因になることが嫌だなと思って静音性にはめちゃくちゃこだわました。
 
購入したサーキュレーターアイPCF-SC15Tは最新家電でよく採用されているDCモーター(直流)ではなく昔からあるACモーター(交流)を採用しています。
 
 
【ACモータとDCモータの一般的な違い】
  AC DC
価格 安い 高い
電気代 高い 安い
風力調整 おおざっぱ 細かい(極微風ができる)
稼働音 一般的な稼働音 静音性が高く静か
最初は風量調節が細かくできるし、稼働音も静かだと評価されているのでDCモータのほうがいいかなと思っていました。
 
ただ、稼働音は実際に聴いてみないとわからないので、家電量販店の実機でACモータとDCモータの両機種で稼働音を聴いてみました。
 
個人の感想ですが、風量を中レベルくらいにしたときは、どちらも稼働音に違いは感じませんでしたが、中より強い風量にしたときはACモータのほうが静かだと感じました。
 
我が家では就寝中もサーキュレーターの風量レベルは中レベル以上で使うことがおおいので、風量を強くしたときの静音性が高いACモータのサーキュレーターをチョイスいました。
 
DCモータタイプもオススメ
DCモータは細かい風量設定ができますし、18畳以上でも使えるパワフルなサーキュレーターもありますので、使いかた次第ではDCモータもアリですね。
 
後述しますがDCモータはの型番はPCF-SDC15T / KCF-SDC151Tになります。
 

スペック・機能とネットの評価

では、買ってきたサーキュレータはアイリスオーヤマのサキューレータアイPCF-SC15Tの紹介です!
 

 
元々持っていたアイリスオーヤマのサーキュレーターPCF-HD15と比較してスペックと機能をみていきましょう。
 

PCF-SC15TとPCF-HD15のスペックと機能比較

【スペック・機能】
型番 PCF-SC15T PCF-HD15
適応畳数 最大18畳 最大8畳
幅x高さx奥行き 210x290x210 mm 241×292×175mm
重さ 2kg 2kg
風量調整 5段階(弱~ターボ) 3段階(静音・中・強) 
電力 AC AC
リモコン有無 有り 無し
 
サーキュレーターアイ PCF-SC15Tは小型ながら18畳の広い部屋でも使えるサーキュレーターなんです。
 
小型なのにパワフルな理由はスパイラルグリルという新しい構造によって直進性の高い気流を生み出しているためなんです。
 
アイリスオーヤマ社やりよる!(笑)
 
 
 
 

PCF-SC15Tのネット評価

ネットの口コミでも評価が多数ありました。
 

 

 
あと、サキューレータアイPCF-SC15Tは価格ドットコムのプロダクトアワード2018扇風機・サーキュレーター部門で第2位の銀賞を受賞している商品なんです。
 
価格ドットコムは価格にシビアなユーザーが多いんですが、価格重視のユーザからも製品の評価が高いのでコスパもいいサーキュレーターなのではないでしょうか。
 
総合的にみてネットの評価はまずまずの評価ではないでしょうか。
 
  
 

サーキュレーターアイ PCF-SC15Tを使ってみた感想

枕元においても問題ない静音性

一番気になっていた静音性については、家電量販店で聴いてみましたが自宅で使ってどうなのかとすこし不安はありました。
 
結果的には枕元においても稼働音がまったく気にならないです。
 
ぼくも息子も爆睡できました(笑)ので静音性は全く問題ないレベルでめちゃくちゃ満足しています。
 
公式HPでは運転音が35dbで図書館よりも静かと宣伝しているくらいなので、静音性をセールスポイントにしている製品ですね。
 
騒音値の目安
  • 30db:ささやき声・深夜の住宅街
  • 40db:図書館・深夜の市街地

引用元:アイリスオーヤマ公式HPより

 
エアコンとサーキュレーターのダブル使いで猛暑の夏でも快眠生活がおくれています。
 
 

上下首振り機能は洗濯物の早乾きに便利

安価モデルのPCF-HD15にはない上下首振り機能ですが、就寝中の効果としては正直あまり効果を実感できていません。
 
左右の首振りで部屋の冷気が循環していると体感できていますね。
 
ただ、上下首振り機能の効果を実感できたのが室内干しで洗濯物を乾かしたときです。
 
これまでは左右の首振りしかできなかったんですが、上下の首振り機能でより広い範囲に風を送ることができて、洗濯物を乾かすことができ、室内干し特有の生乾き臭がしなくなりました!
 
室内干しはいかに早く乾かして雑菌の繁殖を抑えるのかがポイントなので上下左右首振り機能のサーキュレーターは室内干し対策としてもオススメですね。
 
 

重さはリビングから洗面所に運んでも苦にならない

サーキュレーターアイ PCF-SC15Tの重さは約2kgしかありません。
 
片手で余裕で持てるので部屋掃除をするとき、リビングから洗面所にちょっと移動させたりするときもストレスなくできます。
 
重さ以外もサーキュレーター自体がかなり小型なので部屋や洗面所においても邪魔にならないのもポイントですね。
 
 

付属のリモコンは子どもが口に入れないように管理が必要

サーキュレーターアイ PCF-SC15Tはかなり小さなリモコンが付属してあり、すべての操作がリモコン上でできます。
 
アイリスオーヤマサーキュレータアイ説明書
 
扇風機であれば向きを変えたり、風量を変えたり操作することはありますが、我が家ではサーキュレーターは基本的に付けっぱなしなのでリモコンを使って操作することってないんですよね。
 
たまに使おうとしたときに無くしてたり、我が家のように小さいお子さんがいるご家庭であれば子どもが誤って口に入れないようにリモコンを管理しないといけないですね。
 
個人的にはリモコンが無い安いバージョンがあってもよかったんじゃないかと思いました(笑)
 
 
サーキュレーターアイ PCF-SC15Tの全体的な感想としては、子どもがいるので夏場の熱中症(特に就寝中)が気になっていましたが、静音性が高いので就寝中でもガンガン使ってエアコンの冷気を直接浴びることはなく、サーキュレーターの間接風で快適な室温で過ごせています。
 
まだまだマイナーな季節家電のサーキュレーターですが、お値段も1万前後でそこまで高額な家電ではないので購入を検討してみてはどうでしょうか?
 
夏場は外出せずに自宅で長くいてクーラー病が気になる人、エアコンで冷えすぎて小さいお子さんが風邪を引かないか心配な人にオススメです。
 
 

我が家のサーキュレータの使いかた

我が家ではエアコンがあるリビングでサーキュレーターを使うことが多いんですが他にもこんな使いかたをしています。
 

洗面所で入浴後のクールダウン

サーキュレーターは扇風機より小型で軽いので洗面所に持っていって、扇風機の代わりに使っています。
 
サーキュレーターの風は直進性が高いので入浴後に火照ったからだをクールダウンさせるのに調度いいんですよね。
 
 

お風呂場の乾燥機

お風呂は湿気が高いので放っておくと黒カビ、赤カビが発生してしまいます。カビが出たら激落ちくんとかで落とすのが面倒くさいので、カビ防止としてサーキュレーターの風を浴室に当てています。
 
サーキュレーターと併用してお風呂の防カビくん煙剤を使うとカビ予防として最強ですよ。

 

 

DCモータのサーキュレーターPCF-SDC15T / KCF-SDC151Tもオススメ

アイリスオーヤマのサーキュレータはPCF-SC15T以外にも、DCモータタイプのサーキュレーターPCF-SDC15T / KCF-SDC151Tがあります。

 
基本的に上位互換機種なのでPCF-SC15Tと同じ機能が搭載されています。DCモータなではの24畳まで対応してる風力パワーや10段階の細かい風量調整ができます。
 
あと、衣類乾燥モードと強制撹拌(かくはん)モードの2つの機能が付いています。
 
衣類乾燥モードは左右の首振り時に左右の端のときは風力が大きくなり洗濯物にまんべく風が当たる親切機能です。
 
強制撹拌モードはMAX風速と上向き45度左右30度の首振りで部屋の空気を即効で混ぜる機能です。
 
上位機種ならではの機能が付いていますので、どっちがいいか用途と値段で検討してみてください。
 
 
ワーワー言うとりますが今日はこのへんで。
 
 
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です